コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与謝の海 ヨサノウミ

大辞林 第三版の解説

よさのうみ【与謝の海】

京都府宮津湾奥部、天橋立あまのはしだての砂州さすで区切られた潟湖せきこ。浦島伝説を伝える。阿蘇海あそかい。⦅歌枕⦆ 「 -の内外うちとの浜のうらさびて/好忠集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の与謝の海の言及

【宮津湾】より

…湾内は,北岸の江尻から南にのびる天橋立によって外海と内海(阿蘇海)に仕切られる。《丹後国風土記》逸文に,天橋立より東を与謝(よさ)の海,西を阿蘇の海と称したことがみえるが,与謝の海は歌枕として天橋立とともに詠歌も多い。湾奥の宮津港は沈降海岸の良港で,天橋立南端の文珠(もんじゆ)とその東方対岸の獅子(しい)崎付近を境として,以北を外港,以南を内港とも呼ぶ。…

※「与謝の海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android