コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿蘇海 あそかい

5件 の用語解説(阿蘇海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿蘇海
あそかい

京都府北部,宮津湾の西岸にある天橋立によって宮津湾と分けられた内海。与謝海ともいう。面積 4.9km2,周囲 16km。平均水深 8.4m。砂州南端にある「文珠の切戸」と呼ばれる水路で宮津湾と連絡している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あそ‐かい【阿蘇海】

京都府北部、宮津湾南西奥にある内海。天橋立(あまのはしだて)砂嘴(さし)によって区切られたもので、周囲16キロメートル、面積4.8平方キロメートル、水深14メートル。最南端の文殊(もんじゅ)と対岸の天橋立との間にある狭い水道(文殊の切戸(きれと))で宮津湾に通じている。丹後天橋立大江山国定公園に属する。与謝(よさ)の海。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あそかい【阿蘇海】

与謝(佐)海,与謝内海ともいう。京都府の日本海側,天橋立によって画された宮津湾奥西側の潟湖。宮津市と与謝郡岩滝町にまたがる。天橋立南端の切れ口によって東側の宮津湾と続いており,阿蘇海西岸には野田川が流入している。日本三景の一つである天橋立とともに,古来詩歌に詠まれた景勝の地である。【金田 章裕】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕阿蘇海(あそかい)


京都府北部、宮津(みやづ)湾西側にある潟湖(せきこ)。天橋立(あまのはしだて)の砂嘴(さし)で同湾と隔てられ、南端の文殊(もんじゅ)の切戸(きれと)とよばれる狭い水道でつながる。面積5.01km2。与謝海(よさのうみ)とも。流入河川と砂嘴による隔絶のため、塩分濃度は低い。天橋立・成相(なりあい)山・傘松(かさまつ)公園とともに丹後天橋立大江山国定公園に含まれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿蘇海
あそかい

京都府北部にある潟湖(せきこ)。与謝海(よさのうみ)ともいう。長さ約3.3キロメートルの天橋立(あまのはしだて)の砂州(さす)によって宮津湾と隔てられる。面積5.2平方キロメートル、周囲14キロメートル、最大深度14メートル。西端には野田川が小三角州をつくって流入し、また宮津湾とは天橋立南端の「文殊(もんじゅ)の切戸(きれと)」とよばれる狭い水路で通じているにすぎないので、海水の交流は少なく、塩分は低い。丹後天橋立大江山(たんごあまのはしだておおえやま)国定公園の一部。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿蘇海の関連キーワード宮津宮津節宮津港京都府京田辺市宮津京都府京田辺市宮津大木京都府京田辺市宮津川田京都府舞鶴市宮津口京都府京田辺市宮津清水京都府京田辺市宮津宮ノ下京都府京田辺市宮津宮ノ前

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿蘇海の関連情報