コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮津湾 みやづわん

5件 の用語解説(宮津湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮津湾
みやづわん

京都府北部,若狭湾内の南西部にある支湾。丹後半島と黒崎の間にいだかれる。西部に国の特別名勝天橋立があり,阿蘇海を分けている。南部の宮津港は,江戸時代西廻海運の寄港地として栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みやづ‐わん【宮津湾】

京都府北部、丹後半島東南側にある湾。若狭(わかさ)湾西端にあり、南西の湾奥部では天橋立(あまのはしだて)の砂嘴(さし)によって阿蘇海(あそかい)が形成されている。海岸美にすぐれ、丹後天橋立大江山国定公園に属する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みやづわん【宮津湾】

京都府北部,若狭湾西端の支湾。栗田(くんだ)半島北端の黒崎とその北西対岸,丹後半島側の波見(はみ)崎に挟まれる。湾内は,北岸の江尻から南にのびる天橋立によって外海と内海(阿蘇海)に仕切られる。《丹後国風土記》逸文に,天橋立より東を与謝(よさ)の海,西を阿蘇の海と称したことがみえるが,与謝の海は歌枕として天橋立とともに詠歌も多い。湾奥の宮津港は沈降海岸の良港で,天橋立南端の文珠(もんじゆ)とその東方対岸の獅子(しい)崎付近を境として,以北を外港,以南を内港とも呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕宮津湾(みやづわん)


京都府北部、若狭(わかさ)湾南西端の支湾。丹後(たんご)半島東岸の波見(はみ)崎と栗田(くんだ)半島北端の黒(くろ)崎を結ぶ湾口から南西に約9km湾入する。断層による沈水性の湾で、西岸には阿蘇(あそ)海との間に国指定特別名勝の天橋立(あまのはしだて)の砂州が北東から南西に長く延びる。湾奥の宮津港は天然の良港で、江戸時代は北前船(きたまえぶね)の寄港でにぎわった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮津湾
みやづわん

京都府北西部、日本海若狭(わかさ)湾の最西端を占める支湾。南北約9キロメートル、東西1.5~2.5キロメートル。沿岸は沈降海岸で、とくに西側は丹後(たんご)(奥丹後)半島の北東から南西に延びる断層崖(がい)が急崖をなして走る。西岸からは湾内を流れる沿岸流によって形成された砂州(さす)の天橋立(あまのはしだて)が延び、宮津湾と内海の阿蘇海(あそかい)を分けている。湾奥には江戸時代、西廻(まわり)航路の寄港地として栄えた宮津港がある。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮津湾の関連キーワード経ヶ岬成生岬舞鶴湾若狭湾奥丹後半島冠島舞鶴[市]宮津[市]京都府与謝郡伊根町美浜湾

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮津湾の関連情報