コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与那覇しづ よなは しづ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

与那覇しづ よなは-しづ

1923- 昭和後期-平成時代の保健婦。
大正12年2月23日生まれ。昭和30年から沖縄県与那国町の保健婦として与那国島で最初のレントゲン集団検診の実現につとめ,またポリオの子をもつ親としてワクチン接種の普及につくした。50年吉川英治文化賞。沖縄県出身。沖縄公衆衛生看護婦学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

与那覇しづの関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助村田実内閣総理大臣奥健蔵前田河広一郎有島武郎イノニュ帰山教正

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android