丑紅(読み)ウシベニ

大辞林 第三版の解説

うしべに【丑紅】

寒中の丑の日に売る紅。女性の口中の荒れを防ぐのに効があるという。寒紅。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うし‐べに【丑紅】

〘名〙 寒中の丑の日に買う紅。紅は薬用果があるが、寒中に製造した紅は品質がよく、口中の荒れを防ぐという。寒紅(かんべに)。赤丑(あかうし)。《季・冬》
東都歳事記(1838)一一月「寒中丑の日 丑紅と号て女子紅を求む」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の丑紅の言及

【口紅】より

…しかし,ベニバナは全国的に栽培されていたが,収量が少なく〈紅1匁,金一匁〉といわれたほど高価だった。特に良質の紅は,冬のいちばん寒い寒(かん)のうちの深夜,それも丑の刻につくったものが色も変わらず品質も優れていたので,寒紅(かんべに)とか丑紅(うしべに)とよばれて珍重されていた。紅は皿や猪口(ちよこ)や小筥(こばこ),板などに塗りかさねて市販された。…

※「丑紅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android