コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東都歳事記 とうとさいじき

1件 の用語解説(東都歳事記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうとさいじき【東都歳事記】

近世後期における江戸および近郊の年中行事を月順に配列し,略説した板本。斎藤月岑(げつしん)編。長谷川雪旦・雪堤父子の挿絵入り。半紙本5冊。1838年(天保9)江戸の須原屋茂兵衛,同伊八刊。後編を予定していたが未刊に終わった。1829年(文政12)の第3清書本が残っているが,30年ころ刊行を期していたらしく,のち加筆を進めた。《増補江戸年中行事》(中本1冊,絵入り,1803初板)を基本資料としており,近世末の最も詳しい年中行事の文献である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東都歳事記の関連キーワード久松祐之建武年中行事拾芥抄年中行事年中行事絵巻時令世界定め鶴の御成年中行事の障子School Calendar

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone