コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東都歳事記 とうとさいじき

世界大百科事典 第2版の解説

とうとさいじき【東都歳事記】

近世後期における江戸および近郊の年中行事を月順に配列し,略説した板本。斎藤月岑(げつしん)編。長谷川雪旦・雪堤父子の挿絵入り。半紙本5冊。1838年(天保9)江戸の須原屋茂兵衛,同伊八刊。後編を予定していたが未刊に終わった。1829年(文政12)の第3清書本が残っているが,30年ころ刊行を期していたらしく,のち加筆を進めた。《増補江戸年中行事》(中本1冊,絵入り,1803初板)を基本資料としており,近世末の最も詳しい年中行事の文献である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

東都歳事記の関連キーワード江戸名所図会長谷川雪堤ふいご祭石井蠡納涼ユズ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android