コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界インフレ せかいインフレworldwide inflation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界インフレ
せかいインフレ
worldwide inflation

物価の上昇が特定の1国においてのみならず,世界の各国で同時に発生する現象を指す。世界インフレが生じた顕著な例として 1970年代に入ってからの石油危機をあげることができる。これは (1) 世界的な流動性の増大,(2) 石油危機による世界的な規模による供給の制約,(3) さらにはインフレの国際的伝播メカニズムなどに原因があると思われる。 80年代に入ってからは,世界インフレは鎮静化の方向に向かい,第2次石油危機以降,アメリカ,イギリス,ドイツ,日本などにおいてディスインフレの現象が見られるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界インフレの関連キーワード国際流動性問題

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世界インフレの関連情報