コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界卓球選手権 せかいたっきゅうせんしゅけん World Table Tennis Championships

1件 の用語解説(世界卓球選手権の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

世界卓球選手権

国際卓球連盟の主催による卓球の国際大会。1926年のロンドン大会に始まり、57年のストックホルム大会までは毎年開催された。59年のドルトムント大会から99年のアイントホーフェン大会までは2年に1度開催され、以降、2001年の大阪大会を除き、個人大会・団体大会と交互に年1回ずつ開催されている。日本のメダル獲得は、52年のボンベイ大会における女子団体2位・男子シングルス優勝(佐藤博治)が初であり、54年ウエンブレー大会では、男子・女子団体優勝、男子シングルス優勝(荻村伊智朗)を果たした。以降、59年まで黄金時代を築くが、61年より中国が圧倒的な成績を残しており、日本は79年の平壌大会における男子シングルス(小野誠治)以来優勝がない。2014年度は「JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会」として、東京にて4月28日~5月5日の8日間、男女団体大会が開催される。

(2014-4-23)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界卓球選手権の関連キーワード国際競技連盟IF国際野球連盟国際バレーボール連盟国際卓球連盟ISFIBAFプレミア12ITTF日本卓球協会ティーエスピー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世界卓球選手権の関連情報