コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻村伊智朗 おぎむらいちろう

4件 の用語解説(荻村伊智朗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荻村伊智朗
おぎむらいちろう

[生]1932.6.25. 静岡,伊東
[没]1994.12.4. 東京
卓球選手。第2次世界大戦後の「卓球日本」を築いた,ロングドライブの名手。日本大学卒業。1954年ロンドンでの第21回世界選手権大会で団体とシングルスに優勝して以来,各種目合わせて 12回の優勝を遂げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

荻村伊智朗

54年、主将として出場したロンドンの世界選手権で男子シングルスと団体に優勝したのをはじめ、12の世界タイトルを獲得。引退後、71年の世界選手権の前年に訪中、米中国交正常化につながる「ピンポン外交」をおぜん立てした。87年に国際卓球連盟会長に就くと、韓国、北朝鮮と協議を重ね、91年の世界選手権で南北統一チームコリア」を実現。94年12月に62歳で亡くなった。

(2008-04-16 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

荻村伊智朗【おぎむらいちろう】

卓球選手・指導者。静岡県出身,日大芸術学部卒。都立西校時代から卓球を始め,1952年に全日本軟式選手権,翌1953年同硬式選手権を制し,1954年にはロンドンでの世界選手権に初出場・初優勝を飾った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻村伊智朗 おぎむら-いちろう

1932-1994 昭和後期-平成時代の卓球選手,指導者。
昭和7年6月25日生まれ。昭和29年の初出場初優勝以来,世界選手権に8回出場。日本男子団体5連覇の中心となり,2回のシングルス優勝など計12の世界タイトルを獲得。62年国際卓球連盟会長に就任。中国の国際舞台への復帰,世界選手権での南北朝鮮統一チーム実現など,「ピンポン外交」につくした。平成6年12月4日死去。62歳。静岡県出身。日大卒。
【格言など】自分の前に立ちはだかる強敵は,時として一生の友になる

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

荻村伊智朗の関連キーワード江口週大越孝敬小野木朝子木戸蓊後藤仁郎佐野ぬい二宮宏之服部ケイ百瀬宏山田信夫(2)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荻村伊智朗の関連情報