荻村伊智朗(読み)おぎむらいちろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「荻村伊智朗」の解説

荻村伊智朗
おぎむらいちろう

[生]1932.6.25. 静岡,伊東
[]1994.12.4. 東京
卓球選手。第2次世界大戦後の「卓球日本」を築いた,ロングドライブの名手。日本大学卒業。1954年ロンドンでの第21回世界選手権大会で団体とシングルスに優勝して以来,各種目合わせて 12回の優勝を遂げた。日本選手権大会優勝 11回。引退後は卓球の世界普及に努め,1971年名古屋での世界選手権大会で中国を国際舞台に復帰(→ピンポン外交)させることに貢献,1991年千葉での世界選手権大会では大韓民国朝鮮民主主義人民共和国の統一チームを結成させることに尽力した。1987年国際卓球連盟 ITTF第3代会長に就任。1991年国際オリンピック・オーダー銀章,1992年国際連合教育科学文化機関 UNESCOフェアプレー賞受賞,同年紫綬褒章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「荻村伊智朗」の解説

荻村伊智朗【おぎむらいちろう】

卓球選手・指導者。静岡県出身,日大芸術学部卒。都立西校時代から卓球を始め,1952年に全日本軟式選手権,翌1953年同硬式選手権を制し,1954年にはロンドンでの世界選手権に初出場・初優勝を飾った。以後1965年の現役引退まで世界選手権のシングルス,ダブルス混合ダブルス,団体で計12個のタイトルを獲得,日本卓球界の黄金期を支える。引退後は指導者として世界各地を巡り,数多くの世界チャンピオンを育成。中国の国際舞台復帰にも奔走し,米中ピンポン外交の契機となる1971年の名古屋世界選手権での中国出場を実現させている。1979年から国際卓球連盟(ITTF)会長代理,1987年同会長に就任,用具のカラー化など卓球の普及・発展に尽力した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「荻村伊智朗」の解説

荻村伊智朗 おぎむら-いちろう

1932-1994 昭和後期-平成時代の卓球選手,指導者。
昭和7年6月25日生まれ。昭和29年の初出場初優勝以来,世界選手権に8回出場。日本男子団体5連覇の中心となり,2回のシングルス優勝など計12の世界タイトルを獲得。62年国際卓球連盟会長に就任。中国の国際舞台への復帰,世界選手権での南北朝鮮統一チーム実現など,「ピンポン外交」につくした。平成6年12月4日死去。62歳。静岡県出身。日大卒。
【格言など】自分の前に立ちはだかる強敵は,時として一生の友になる

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android