コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界宣教会議 せかいせんきょうかいぎ World Missionary Conference

1件 の用語解説(世界宣教会議の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せかいせんきょうかいぎ【世界宣教会議 World Missionary Conference】

現代のプロテスタント教会の伝道を論じた世界会議。ロンドン(1880),ニューヨーク(1900)についでエジンバラ(1910)と続き,ここで国際宣教協議会International Missionary Council結成の動きが生まれ,1921年に実現した。28年のエルサレム会議には,海外伝道の母体である欧米諸教会とともに,アジアアフリカなどの被伝道地の教会代表も出席,伝道のパートナーとしての対等の地位を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界宣教会議の関連キーワードプロテスタント会衆派司教日本メソジスト教会フォルトナープロテスタンティズム聖徒バプテスト教会伝道会キリスト教系教会

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone