コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界宣教会議 せかいせんきょうかいぎWorld Missionary Conference

世界大百科事典 第2版の解説

せかいせんきょうかいぎ【世界宣教会議 World Missionary Conference】

現代のプロテスタント教会伝道を論じた世界会議。ロンドン(1880),ニューヨーク(1900)についでエジンバラ(1910)と続き,ここで国際宣教協議会International Missionary Council結成の動きが生まれ,1921年に実現した。28年のエルサレム会議には,海外伝道の母体である欧米諸教会とともに,アジア,アフリカなどの被伝道地の教会代表も出席,伝道のパートナーとしての対等の地位を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界宣教会議の関連キーワード世界教会協議会エキュメニズム東京女子大学オールダムIMCモット

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android