コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世継曾我 よつぎそが

1件 の用語解説(世継曾我の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世継曾我
よつぎそが

浄瑠璃。時代物。5段。近松門左衛門作。天和3 (1683) 年宇治加賀掾座初演。また貞享1 (84) 年,竹本義太夫が竹本座創立公演で本作を語り大好評を得た。『曾我物語』に取材。工藤祐経を討ったのち曾我五郎時致が頼朝の面前に引出されることから始り,家来の鬼王,団三郎,兄弟の愛人の虎,少将,母らの動静を記し,十郎の遺子祐若が朝比奈三郎に助けられ,曾我の本領を頼朝から与えられて終る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世継曾我の関連キーワード夕霧阿波鳴渡碁盤太平記近松孕常盤吉田屋釈迦如来誕生会曽我会稽山百日曽我世継曽我内海繁太郎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone