コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少将 ショウショウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

少将 しょうしょう

鎌倉時代の遊女。
「曾我物語」では曾我時致(ときむね)の愛人で,手越(てごし)の少将とよばれる。曾我兄弟の仇(あだ)討ちに手をかしたという。兄弟の死後,兄祐成(すけなり)の愛人の虎と出家,京都で法然(ほうねん)に念仏をまなび,相模(さがみ)(神奈川県)の大磯(おおいそ)で往生をとげたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

少将

生年:生没年不詳
戦国時代の武家の女性。周防国(山口県)の国人領主吉見正頼の妻。陶氏と毛利氏の緊張が最も高まった天文23(1554)年,嫡子亀王丸(広頼)を陶晴賢に引き渡した。また急難を逃れるため,離別したと称して同国仁保荘にあり,吉見氏旗下の下瀬頼郷に手紙を出して武運を開くように頼み,城普請を指示。離別と偽ったり,合戦に対し指示を与えるなど戦略に通じた女性であった。<参考文献>『萩藩閥閲録

(田端泰子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうしょう【少将】

軍隊の階級で将官の最下位。大佐(准将)の上、中将の下。
近衛このえ府の次官。中将の次位。左右各二人(平安末期以後は各四人)。正五位下相当。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

少将 (ショウショウ)

学名:Conophytum bilobum
植物。ツルナ科の園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

少将の関連キーワードサムエル・エリオット モリソンリチャード コボルド少将内侍(3)谷萩 那華雄真田 穣一郎武者小路公陰竹田宮 恒久山根 一貫平岡 貞一池田 平作伊集院 俊岡田 三善加藤 建夫西大路隆枝左右近衛府西四辻公恪閑院 純仁田中 隆吉船橋 芳蔵細野 辰雄

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

少将の関連情報