両個(読み)りゃんこ

精選版 日本国語大辞典「両個」の解説

りゃん‐こ【両個】

〘名〙 (「りゃん」は「」の唐宋音)
① 数の二(に)。二個。二つ。(けん)などで用いた。
※雑俳・四季の花(1851)「リャンコ出し・ヘイ湯豆腐も御座り
② (両刀を帯びていたところから) 江戸時代、武士をあざけっていう語。二本差。りゃん。
譬喩尽(1786)八「ひが、ざぶ、りゃんこ皆侍客をいう」
③ (相撲で、二本下手に差すところから) 「もろざし(諸差)」の俗称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android