両刀(読み)りょうとう

精選版 日本国語大辞典「両刀」の解説

りょう‐とう リャウタウ【両刀】

〘名〙
① 二本の。また、武士の身につけていた刀と脇差(わきざし)の称。大小。また、それを身につけた武士。
剣攷(1811‐41頃か)向満字横満字「刀を叉(くみ)て、敵刀を其丫(また)に〈略〉承けて、刀を(ひらい)て、敵刀を避」 〔李頎‐崔五六図并風各賦一物得烏孫佩刀詩〕
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)後「しかし餠と酒の両刀(リャウトウ)だから、ふせうしてやれか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「両刀」の解説

りょう‐とう〔リヤウタウ〕【両刀】

刀と脇差わきざし。大小。「両刀を帯びる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NFT

《non-fungible token》複製・偽造の不可能な証明書を付与したデジタルデータ。また、その技術。アート作品など、複製でないことに価値があるものに、それが唯一のデータであることを証明する情報...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android