両刀(読み)リョウトウ

精選版 日本国語大辞典の解説

りょう‐とう リャウタウ【両刀】

〘名〙
① 二本の。また、武士の身につけていた刀と脇差(わきざし)の称。大小。また、それを身につけた武士。
※剣攷(1811‐41頃か)向満字横満字「刀を叉(くみ)て、敵刀を其丫(また)に〈略〉承けて、両刀を闢(ひらい)て、敵刀を避」 〔李頎‐崔五六図并風各賦一物得烏孫佩刀詩〕
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)後「しかし餠と酒の(リャウトウ)だから、ふせうしてやれか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

両刀の関連情報