コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永助 えいじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永助 えいじょ

?-? 平安時代の僧。
甲斐(かい)(山梨県)の人。伊豆(いず)田方郡(静岡県)修禅寺にはいり,晩年にいたって1年をかぎって念仏専念。期間がすぎたのち,薪(たきぎ)をつんで焼身,煙がたちのぼって紫雲となったという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永助の関連キーワード中村仲蔵(江戸系・2代)中村仲蔵(2代)永原与蔵(3代)天津風雲右衛門永助入道親王承道法親王乳井 月影重富縄山崇賢門院大津絵物乳井月影並木永輔平安時代早野仰斎煕永親王法尊

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永助の関連情報