コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中京新聞 ちゅうきょうしんぶん

1件 の用語解説(中京新聞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中京新聞
ちゅうきょうしんぶん

第2次世界大戦後に名古屋で創刊された新聞。戦争責任を負って朝日新聞社を退いた千葉雄次郎が,1946年6月 10日に創刊。加藤勘十佐藤観次郎らが取締役で,進歩的民主主義を社是とした。創刊後まもなく発行部数5万,5ヵ月後には8万と順調な業績であったが,大新聞の独占化が急激になるにつれて退潮,50年3月全首脳が退陣し,やがて廃刊した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中京新聞の関連キーワードセイム福祉社会BIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)名古屋陶磁器会館展示室名古屋三菱・朝鮮女子勤労挺身隊訴訟中川利兵衛土陽新聞《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone