コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤勘十 かとうかんじゅう

5件 の用語解説(加藤勘十の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加藤勘十
かとうかんじゅう

[生]1892.2.25. 愛知
[没]1978.9.27. 東京
労働運動家,政治家。少年時代から苦学し,1918年シベリア出兵を経験。除隊後反戦,労働運動に参加。全国各地の主要ストを指導した。 29年大山郁夫と労農党を結成。 34年には,日本労働組合全国評議会 (全評) を結成,その議長となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

加藤勘十【かとうかんじゅう】

政治家。若くして労働運動に参加,1920年八幡製鉄所争議を指導,1923年総同盟(日本労働総同盟)主事となったが1926年左派として除名され日本労働組合同盟創立に参画。
→関連項目日本無産党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤勘十 かとう-かんじゅう

1892-1978 大正-昭和時代の社会運動家,政治家。
明治25年2月25日生まれ。加藤シヅエの夫。八幡製鉄所争議を指導。昭和9年日本労働組合全国評議会を結成。11年衆議院議員(当選9回)。翌年日本無産党委員長となるが,人民戦線事件で検挙される。戦後,社会党結成にくわわり,芦田(あしだ)内閣の労相。26年右派社会党に参加。昭和53年9月27日死去。86歳。愛知県出身。日大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かとうかんじゅう【加藤勘十】

1892‐1978(明治25‐昭和53)
社会運動家。愛知県生れ。日大の夜学で学び,1918年シベリア出兵に従軍し,反戦思想を抱く。20年旧友浅原健三の検挙後,八幡製鉄争議に参加し,騒擾罪(そうじようざい)で起訴される。その後,全日本鉱夫組合委員長として別子,尾去沢などの鉱山ストを指導。総同盟では左派の立場を堅持し,右派の松岡駒吉らと対立。34年戦前最後の合法左翼組合,日本労働組合全国評議会(評議会)を結成。36年総選挙で反戦・反ファシズムを掲げて当選するが,37年人民戦線事件で検挙。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤勘十
かとうかんじゅう
(1892―1978)

労働運動家、政治家。愛知県生まれ。日本大学法科中退。1920年(大正9)八幡(やはた)製鉄争議を指導。その後、日本鉱夫組合委員長となり、各地の炭鉱ストの陣頭にたつ。1935年(昭和10)全国評議会委員長。1936年総選挙では反ファッショを掲げ、全国最高点で当選。1937年日本無産党委員長となるが、人民戦線事件で検挙される。敗戦後、社会党結成に参加、党内左派を代表し統一戦線の結成を主張。1948年(昭和23)芦田均(あしだひとし)内閣に労相として入閣。1951年の社会党分裂では右派社会党に参加。1969年代議士を引退し社会党顧問となる。「カトカン」の愛称で親しまれ、夫人シヅエとともに「おしどり代議士」として有名だった。[小田部雄次]
『加藤シヅエ著・船橋邦子編『最愛のひと勘十へ――加藤シヅエ日記』(1988・新曜社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の加藤勘十の言及

【革進会争議】より

…この年は第1次世界大戦後の異常な物価騰貴が続く中で労働組合運動が初めて本格的な高揚を見せたが,新聞界でも6月17日東京の日刊新聞16社の印刷工で組織した史上初の新聞労働組合〈新聞印刷工組合革進会〉が誕生。会長横山勝太郎(憲政会代議士),顧問加藤勘十。7月下旬革進会加盟の《東京日日新聞》印刷工が最低賃金大幅引上げ,8時間労働2部制などを会社側に要求したのをきっかけに,《万朝報》《読売新聞》《時事新報》など各社印刷工も相次いで同様の要求を提出。…

【全評】より

…日本労働組合全国評議会の略称。1934年11月18日,満州事変後の労働戦線の右翼的再編に対抗し,合法左翼組合の全労統一全国会議(加藤勘十,高野実ほか)と日本労働組合総評議会(総評。山花秀雄,田部井健次ほか)とが合同し,樺太から九州に至る12団体58組合6603人の参加によって結成された(委員長・加藤,書記長・田部井)。…

※「加藤勘十」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

加藤勘十の関連キーワード社会運動運動家伊串英治浦田武雄木本凡人鈴木楯夫田村正敏湯浅初子MSI(社会運動)《社会主義と社会運動》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加藤勘十の関連情報