コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中京間 チュウキョウマ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐きょうま〔‐キャウま〕【中京間】

住宅建築で、の大きさを幅3尺・長さ6尺と決めた造り方。京間(きょうま)田舎間(いなかま)に対して、主に名古屋地方で行われる。中間(ちゅうま)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうきょうま【中京間】

名古屋を中心とする地域で使われ、畳割りを六尺、三尺とする基準寸法。中間ちゆうま。 → 田舎間京間

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の中京間の言及

【京間】より

…京都を中心にして,近畿地方,中国地方,四国地方,九州の一部など,西日本で使われる基準寸法。京間に対して,東日本で使われる1間=6尺(1.82m)の基準寸法を田舎間(いなかま)といい,名古屋地方で使われる6尺2寸,畳寸法6尺×3尺の基準尺を中京間(ちゆうきようま)とも呼ぶ。歴史的にみると日本の住宅の柱間は一定ではなく,奈良時代には10尺から7尺まで,いろいろな寸法が用いられていた。…

※「中京間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

中京間の関連キーワード住宅建築京間

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android