江戸間(読み)エドマ

大辞林 第三版の解説

えどま【江戸間】

江戸および関東周辺で用いられた家の基準尺。柱心距離の一間を六尺とするもの。田舎間。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

えどま【江戸間】

日本建築の基準寸法の一つ。柱の中心と中心のの長さを6尺(約182cm)、の大きさを、5尺8寸(約176cm)×2尺9寸(約88cm)とし、これを基準に設計・施工する。関東地方以北に多く使われ、現在はこの寸法による住宅が多い。◇「田舎間」「関東間」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えど‐ま【江戸間】

〘名〙 主に江戸で行なわれた柱間の寸法。曲尺(かねじゃく)五尺八寸(約一・七六メートル)を一間とする。田舎間。
※細雪(1943‐48)〈谷崎潤一郎〉上「江戸間であるから八畳が京間の六畳」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江戸間の関連情報