コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸間 エドマ

大辞林 第三版の解説

えどま【江戸間】

江戸および関東周辺で用いられた家の基準尺。柱心距離の一間を六尺とするもの。田舎間。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

えどま【江戸間】

日本建築の基準寸法の一つ。柱の中心と中心のの長さを6尺(約182cm)、の大きさを、5尺8寸(約176cm)×2尺9寸(約88cm)とし、これを基準に設計・施工する。関東地方以北に多く使われ、現在はこの寸法による住宅が多い。◇「田舎間」「関東間」ともいう。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

江戸間の関連キーワード船問屋(ふなどいや)ペルス=ライケン二十四組問屋鳥羽[市]毛利 元徳廻(回)船印南[町]団地サイズ新綿番船三度飛脚依田学海十組問屋日本建築新酒番船菱垣廻船新河岸川樽廻船六日限極印元江戸

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江戸間の関連情報