中劫(読み)ちゅうこう

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐こう ‥コフ【中劫】

〘名〙 (「ちゅうご」「ちゅうごう」とも。「」はきわめて長い年月の意) 仏語。一説に人の寿命の一増減する二小劫の期間をいう。その二〇倍が住劫等の四劫であるから、一大劫は八十中劫とする。
※十住心論(830頃)一「憶往福徳順法行。命極長者寿一中劫」 〔倶舎論‐一三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の中劫の言及

【劫】より

…劫は元来〈期間〉の意味なので,上記の劫以外に,これと長さの異なる種々の劫がある。〈中劫antara‐kalpa〉といういい方があるが,それは単に劫というのと同じである。〈成劫(じようこう)〉〈住劫(じゆうこう)〉〈壊劫(えこう)〉〈空劫(くうこう)〉は宇宙の生滅の1サイクルを構成するが,それぞれ20中劫からなる。…

※「中劫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android