コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四劫 しこう

3件 の用語解説(四劫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四劫
しこう

仏教用語。世界の成立から無にいたるまでの期間を4期に分類したものをいい,次の4つをさす。 (1) 成劫 (じょうごう)  山河,大地,草木などの自然界と生き物とが成立する期間。人間の寿命が8万 4000歳のときから 100年ごとに1歳ずつ減少していって寿命が 10歳になるまでの期間を1減とし,10歳のときから 100年ごとに1歳ずつ増加していって8万 4000歳となるまでの期間を1増というが,この成劫では 20増減 (20小劫) があるという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しこう【四劫】

〘仏〙 一つの世界が成立してから存在しなくなるまでの間を四つに分けたもの。世界が成立し、生物などが出現する成劫じようこう、世界が存続し、人間がそこに住んでいる住劫、世界が崩壊していく壊劫えこう、そのあとに続く空無の時期である空劫くうこうの四つ。この四劫全部の時間が一大劫。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone