コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四劫 しこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四劫
しこう

仏教用語。世界の成立から無にいたるまでの期間を4期に分類したものをいい,次の4つをさす。 (1) 成劫 (じょうごう)  山河,大地,草木などの自然界生き物とが成立する期間。人間の寿命が8万 4000歳のときから 100年ごとに1歳ずつ減少していって寿命が 10歳になるまでの期間を1減とし,10歳のときから 100年ごとに1歳ずつ増加していって8万 4000歳となるまでの期間を1増というが,この成劫では 20増減 (20小劫) があるという。 (2) 住劫 自然界と生き物とが安穏に持続していく期間。 20増減がある。 (3) 壊劫 (えこう)  まず生き物が破壊消滅していき,次に自然界が破壊されていく期間。 20増減がある。 (4) 空劫 破壊しつくされて何もなくなってしまった時期。これにも 20増減がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐こう〔‐コフ〕【四×劫】

仏語。世界の成立から破滅に至る時の経過を四つに大別したもの。成劫(じょうこう)・住劫・壊劫(えこう)・空劫。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しこう【四劫】

〘仏〙 一つの世界が成立してから存在しなくなるまでの間を四つに分けたもの。世界が成立し、生物などが出現する成劫じようこう、世界が存続し、人間がそこに住んでいる住劫、世界が崩壊していく壊劫えこう、そのあとに続く空無の時期である空劫くうこうの四つ。この四劫全部の時間が一大劫。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四劫の関連キーワード三災仏語劫火賢劫

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android