十住心論(読み)ジュウジュウシンロン

  • じゅうじゅうしんろん ジフヂュウシン‥
  • じゅうじゅうしんろん〔ジフヂユウシンロン〕

百科事典マイペディアの解説

平安時代の仏書。空海撰。10巻。830年淳和(じゅんな)天皇に奉献されたもの。真言宗の教判論を示すもので,宗教的・道徳的意識を10に分け,その発達経路を明らかにしてその優劣を論じ,最後の第十心を秘密荘厳(しょうごん)心として前9をこの心(密教)に包括しようとした。この書を要約したものが《秘蔵宝鑰(ほうやく)》3巻である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

空海(弘法大師)の。詳しくは《秘密曼荼羅十住心論》という。10巻。天長(824‐34)の六宗撰書の一つ。空海の真言密教教理を大成したもの。人間の心の発展の段階を(1)異生羝羊(いしようていよう)心,(2)愚童持斎心,(3)嬰童無畏(ようどうむい)心,(4)唯蘊(ゆいうん)無我心,(5)抜業因種(ばつごういんしゆ)心,(6)他縁大乗心,(7)覚心不生心,(8)一道無為心,(9)極無自性(ごくむじしよう)心,(10)秘密荘厳(しようごん)心の10に分け,(3)までを世間道,(4)(5)を小乗,(6)(7)(8)(9)を大乗とし,(9)までを顕教とするのに対して(10)を密教とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏教書。詳しくは『秘密曼荼羅(ひみつまんだら)十住心論』。10巻。平安初期、830年(天長7)に淳和(じゅんな)帝の勅命により、空海が『秘蔵宝鑰(ひぞうほうやく)』3巻とともに撰進(せんしん)したもので、彼の双璧(そうへき)の主著。

 住心は心の世界を意味し、これを低次元より高次元へと発展向上する10種の段階に分ける。動物本能的な欲望のままに生きる(第一異生羝羊心(いしょうていようしん))。ある機縁に触れて道徳的、倫理的な心が芽生える(第二愚童持斎心(ぐどうじさいしん))。宗教的な自覚を得て、天界に生まれることを願う(第三嬰童無畏心(ようどうむいしん))。次に声聞(しょうもん)の無我の教え(第四唯蘊無我心(ゆいうんむがしん))、縁覚(えんがく)の根源的無知を取り除く教え(第五抜業因種心(ばつごういんじゅしん))を説く。これらは小乗であるが、仮の大乗の教えに入って、法相(ほっそう)宗の慈悲(じひ)の教え(第六他縁大乗心(たえんだいじょうしん))、三論宗の空(くう)の教え(第七覚心不生心(かくしんふしょうしん))、真実の大乗である天台宗の一切(いっさい)は真実であると説く教え(第八一道無為心(いちどうむいしん))、華厳(けごん)宗の個別的価値の実現を説く教え(第九極無自性心(ごくむじしょうしん))がある。以上はすべて顕教であるが、密教は無限の展開が示される曼荼羅の世界を説く(第十秘密荘厳心(ひみつしょうごんしん))。密教は個々の顕教を包摂する。他方また、十住心は仏教諸宗、他の諸宗教、哲学を綜合(そうごう)した思想史をも形成する。

[宮坂宥勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(「秘密曼荼羅十住心論」の略称) 一〇巻。空海著。いわゆる天長の六本宗書の一つ。天長七年(八三〇)成立と推定される。「大日経」の住心品の思想に基づいて、真言行者の菩提心の展開する次第を一〇の発展段階において示すと共に、当時の道徳・宗教思想を類型的に分類批判し、真言宗がもっともすぐれていることを明示しようとしたもの。略述書に「秘蔵宝鑰(ほうやく)」がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

平安初期,空海の著した仏教書
正式には『秘密曼荼羅 (まんだら) 十住心論』という。10巻。淳和 (じゆんな) 天皇の勅で八宗(南都六宗と天台・真言宗)の宗論が撰述されたとき,空海が真言宗を解説した書で,830年に奉ったという。顕教と密教を対比させている。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の十住心論の言及

【空海】より

…このころ,漢字辞書として日本最初の《篆隷万象名義(てんれいばんしようめいぎ)》30巻を撰述した。830年天長六宗書の一つである《十住心論》10巻,《秘蔵宝鑰(ほうやく)》3巻を著し,真言密教の思想体系を完成した。《弁顕密二教論》では顕教と密教を比較して,顕教では救われない人も密教では救われること,即身成仏の思想を表明しており,これを横の教判といい,《十住心論》の縦の教判に対する。…

※「十住心論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android