コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十住心論 ジュウジュウシンロン

6件 の用語解説(十住心論の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅうじゅうしんろん〔ジフヂユウシンロン〕【十住心論】

平安時代の仏教書。10巻。空海著。天長7年(830)成立と推定される。「大日経」住心品の思想に基づいて、真言行者の住心(菩提心(ぼだいしん))の展開を10の段階に整理し、諸案批判とともに真言宗の最もすぐれていることを述べたもの。秘密曼荼羅(まんだら)十住心論

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

十住心論【じゅうじゅうしんろん】

平安時代の仏書。空海撰。10巻。830年淳和(じゅんな)天皇に奉献されたもの。真言宗の教判論を示すもので,宗教的・道徳的意識を10に分け,その発達経路を明らかにしてその優劣を論じ,最後の第十心を秘密荘厳(しょうごん)心として前9をこの心(密教)に包括しようとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうじゅうしんろん【十住心論】

空海(弘法大師)の著。詳しくは《秘密曼荼羅十住心論》という。10巻。天長(824‐34)の六宗勅撰書の一つ。空海の真言密教の教理を大成したもの。人間の心の発展の段階を(1)異生羝羊(いしようていよう)心,(2)愚童持斎心,(3)嬰童無畏(ようどうむい)心,(4)唯蘊(ゆいうん)無我心,(5)抜業因種(ばつごういんしゆ)心,(6)他縁大乗心,(7)覚心不生心,(8)一道無為心,(9)極無自性(ごくむじしよう)心,(10)秘密荘厳(しようごん)心の10に分け,(3)までを世間道,(4)(5)を小乗,(6)(7)(8)(9)を大乗とし,(9)までを顕教とするのに対して(10)を密教とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅうじゅうしんろん【十住心論】

「秘密曼荼羅十住心論」の略称。一〇巻。空海著。九世紀前半成立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十住心論
じゅうじゅうしんろん

秘密曼荼羅十住心論」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十住心論
じゅうじゅうしんろん

仏教書。詳しくは『秘密曼荼羅(ひみつまんだら)十住心論』。10巻。平安初期、830年(天長7)に淳和(じゅんな)帝の勅命により、空海が『秘蔵宝鑰(ひぞうほうやく)』3巻とともに撰進(せんしん)したもので、彼の双璧(そうへき)の主著。
 住心は心の世界を意味し、これを低次元より高次元へと発展向上する10種の段階に分ける。動物本能的な欲望のままに生きる(第一異生羝羊心(いしょうていようしん))。ある機縁に触れて道徳的、倫理的な心が芽生える(第二愚童持斎心(ぐどうじさいしん))。宗教的な自覚を得て、天界に生まれることを願う(第三嬰童無畏心(ようどうむいしん))。次に声聞(しょうもん)の無我の教え(第四唯蘊無我心(ゆいうんむがしん))、縁覚(えんがく)の根源的無知を取り除く教え(第五抜業因種心(ばつごういんじゅしん))を説く。これらは小乗であるが、仮の大乗の教えに入って、法相(ほっそう)宗の慈悲(じひ)の教え(第六他縁大乗心(たえんだいじょうしん))、三論宗の空(くう)の教え(第七覚心不生心(かくしんふしょうしん))、真実の大乗である天台宗の一切(いっさい)は真実であると説く教え(第八一道無為心(いちどうむいしん))、華厳(けごん)宗の個別的価値の実現を説く教え(第九極無自性心(ごくむじしょうしん))がある。以上はすべて顕教であるが、密教は無限の展開が示される曼荼羅の世界を説く(第十秘密荘厳心(ひみつしょうごんしん))。密教は個々の顕教を包摂する。他方また、十住心は仏教諸宗、他の諸宗教、哲学を綜合(そうごう)した思想史をも形成する。[宮坂宥勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の十住心論の言及

【空海】より

…このころ,漢字辞書として日本最初の《篆隷万象名義(てんれいばんしようめいぎ)》30巻を撰述した。830年天長六宗書の一つである《十住心論》10巻,《秘蔵宝鑰(ほうやく)》3巻を著し,真言密教の思想体系を完成した。《弁顕密二教論》では顕教と密教を比較して,顕教では救われない人も密教では救われること,即身成仏の思想を表明しており,これを横の教判といい,《十住心論》の縦の教判に対する。…

※「十住心論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

十住心論の関連キーワード弘法大師弘法清水大師流御大師四大師初大師大師信仰《弘法大師行化記》《弘法大師行状記》《秘密曼荼羅十住心論》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone