中南米美術(読み)ちゅうなんべいびじゅつ(英語表記)Latin American art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中南米美術
ちゅうなんべいびじゅつ
Latin American art

6世紀頃から南メキシコの低地密林地帯に栄え,次いで 11世紀頃からユカタン半島一帯に発展した,いわゆるマヤ,アステカ美術,ならびに 12世紀以後ペルー,ボリビアの中央アンデス高原のクスコを中心に栄えたインカ帝国の美術をいう。スペインの影響を受けており,北アメリカ先住民族インディアン固有のものとは異なっている。いずれも鉄器を知らず,旧大陸の新石器時代もしくは青銅器時代の文化をとどめ,ピラミッド状の巨大な石造の神殿を建て,宗教的性格の強い独特の美術を生んだ。一方,現代ではメキシコ美術が古代の伝統と新たな民族主義のもとに活発な造形活動を展開,D.シケイロス,J.オロスコ,R.タマヨなどの画家の活躍が知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android