民族主義(読み)ミンゾクシュギ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 自分の属する民族・国家を他から区別して意識し、その統一・独立・発展を志向する思想ないし運動。ナショナリズム。
※現代文明を評し、当来の新文明を卜す(1915)〈中沢臨川〉九「抽象的人道主義または世界主義(インターナショナリズム)に反抗して、新しく民族主義の叫びを聞くやうになったこと」
② 孫文の唱えた三民主義を構成する一つ。国内諸民族の平等と他民族(国)の圧迫からの独立を説いたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

「ナショナリズム(nationalism)」の訳で,近代的な民族国家の形成と発展をめざす思想や運動
強国の場合,利己的な排外主義になりやすい。現代では植民地・従属国の自立の運動をもさす。日本では幕末の攘夷論に端を発し,自由民権運動における国権回復・条約改正の要求として高揚するが,その後国家主義的色彩を強くし,昭和期には,超国家主義の出現をみた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の民族主義の言及

【国家主義】より

…近代における国家主義のジレンマは,こうした理念や価値に無縁な概念を踏まえて,なおかつその至高性を訴えなければならない点にあった。 この困難を補う点で重要な役割を果たしたのが民族主義であり,民族国家,国民国家が歴史の流れとなるなかで国家主義は民族主義との融合をとげ,その理念を補完することになった。実際,日本では従来,国家と民族との重なりがほぼ自明視されてきたこともあって,国家主義,民族主義,国民主義,国粋主義といった言葉はほとんど同義に用いられている。…

【ナショナリズム】より

…かつては,民族主義,国民主義,国家主義などと訳し分けられることが多かったが,最近では一般にナショナリズムと表記される。このことは,ナショナリズムという言葉の多義性を反映し,そしてその多義性は,それぞれのネーションnationや,そのナショナリズムの担い手がおかれている歴史的位置の多様性を反映している。…

※「民族主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民族主義の関連情報