コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原師利 なかはらの もろとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原師利 なかはらの-もろとし

?-? 鎌倉-南北朝時代の官吏。
中原師緒(もろお)の子。嘉暦(かりゃく)3年(1328)大外記となり,備後守(びんごのかみ),記録所寄人(よりゅうど)などを歴任し,建武(けんむ)3=延元元年明経(みょうぎょう)博士となる。北朝につかえ,下総(しもうさの)守。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中原師利の関連キーワード南北朝時代中原師緒官吏

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android