コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉暦 カリャク

デジタル大辞泉の解説

かりゃく【嘉暦】

鎌倉後期、後醍醐天皇の時の年号。1326年4月26日~1329年8月29日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かりゃく【嘉暦】

年号(1326.4.26~1329.8.29)。正中の後、元徳の前。後醍醐天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かりゃく【嘉暦】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1326年から1329年まで、後醍醐(ごだいご)天皇の代の元号。前元号は正中(しょうちゅう)。次元号は元徳(げんとく)。1326年(正中3)4月26日改元。疫病流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『唐書(とうじょ)』を出典とする命名。嘉暦年間の鎌倉幕府の将軍は守邦(もりくに)親王(9代)。執権は北条高時(たかとき)(14代)、北条貞顕(さだあき)(15代)、北条(赤橋)守時(もりとき)(16代)。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

嘉暦の関連キーワード山形県南陽市竹原二階堂行貞(1)続後拾遺和歌集花山院長親母尊実法親王二階堂貞衡良信(2)姉小路家綱徳大寺公清顕昭(2)佐々木道誉土御門有世煕明親王松嶺智義五条為実摂津親鑒京極宗氏加藤政連黙庵霊淵北条貞顕

嘉暦の関連情報