嘉暦(読み)カリャク

大辞林 第三版の解説

かりゃく【嘉暦】

年号(1326.4.26~1329.8.29)。正中の後、元徳の前。後醍醐天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かりゃく【嘉暦】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1326年から1329年まで、後醍醐(ごだいご)天皇の代の元号。前元号は正中(しょうちゅう)。次元号は元徳(げんとく)。1326年(正中3)4月26日改元。疫病流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『唐書(とうじょ)』を出典とする命名。嘉暦年間の鎌倉幕府の将軍は守邦(もりくに)親王(9代)。執権は北条高時(たかとき)(14代)、北条貞顕(さだあき)(15代)、北条(赤橋)守時(もりとき)(16代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かりゃく【嘉暦】

鎌倉末期、後醍醐天皇の代の年号。地震、疫病流行のため、正中三年(一三二六)四月二六日改元。嘉暦四年八月二九日元徳(げんとく)と改元。執権金沢貞顕、北条守時の時代。出典は「唐書」の「四序嘉辰、歴代増置守韻曰、暦数也」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嘉暦の関連情報