コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原有安 なかはらの ありやす

2件 の用語解説(中原有安の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原有安 なかはらの-ありやす

?-? 平安後期-鎌倉時代の雅楽家,歌人。
琵琶(びわ),笛,太鼓,箏(そう)などの器楽をはじめ,催馬楽(さいばら),今様,声明(しょうみょう)などでも知られた。九条兼実(かねざね)に箏を,鴨(かもの)長明に琵琶をおしえ,楽所預(あずかり)に任命された。和歌は「千載和歌集」などにのるが,私撰集「寒玉集」は散逸した。建久6年(1195)以降に死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中原有安

生年:生没年不詳
平安末の音楽家。父は内蔵助頼盛との所伝がある。建久6(1195)年3月東大寺供養に太鼓を担当,同8年以前の没と推定される。民部大夫,飛騨守を経て建久5年筑前守。二条天皇の楽所に祗候し,九条兼実の推薦で後鳥羽天皇の楽所預となる。琵琶,笛,箏,今様,朗詠,魚山流声明などを相承し,太鼓などにも堪能。九条兼実,鴨長明の琵琶の師で,『玉葉』には政治的情報をもたらすなどの言動が,『無名抄』には長明に対する教訓が記される。『胡琴教録』は有安の琵琶の説を記したもの。養子景安はのちに鎌倉八幡宮の楽人となる。和歌は『千載集』『月詣和歌集』等に載り,私選集『寒玉集』(散逸)を編む。

(今村みゑ子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中原有安の関連キーワード池殿音楽家内蔵助所伝声楽家AFM近藤内蔵助中村内蔵助渡辺内蔵助モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第7番 ハ長調/piano solo

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone