コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原有安(読み)なかはらの ありやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原有安 なかはらの-ありやす

?-? 平安後期-鎌倉時代の雅楽家,歌人。
琵琶(びわ),笛,太鼓,(そう)などの器楽をはじめ,催馬楽(さいばら),今様,声明(しょうみょう)などでも知られた。九条兼実(かねざね)に箏を,鴨(かもの)長明琵琶をおしえ,楽所預(あずかり)に任命された。和歌は「千載和歌集」などにのるが,私撰集寒玉集」は散逸した。建久6年(1195)以降に死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中原有安

生年:生没年不詳
平安末の音楽家。父は内蔵助頼盛との所伝がある。建久6(1195)年3月東大寺供養に太鼓を担当,同8年以前の没と推定される。民部大夫,飛騨守を経て建久5年筑前守。二条天皇の楽所に祗候し,九条兼実の推薦で後鳥羽天皇の楽所預となる。琵琶,笛,箏,今様,朗詠,魚山流声明などを相承し,太鼓などにも堪能。九条兼実,鴨長明の琵琶の師で,『玉葉』には政治的情報をもたらすなどの言動が,『無名抄』には長明に対する教訓が記される。『胡琴教録』は有安の琵琶の説を記したもの。養子景安はのちに鎌倉八幡宮の楽人となる。和歌は『千載集』『月詣和歌集』等に載り,私選集『寒玉集』(散逸)を編む。

(今村みゑ子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android