コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私撰集 しせんしゅう

3件 の用語解説(私撰集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

私撰集
しせんしゅう

歌集の分類名の一つ。個人が私的な立場で多くの歌人の歌を集めたもの。総合的な撰集であることにより私家集に対し,私的であることによって勅撰和歌集に対するが,勅撰集と考えられていた藤原公任 (きんとう) の『拾遺抄』,二条天皇の死によって勅撰集となりえなかった藤原清輔 (きよすけ) の『続詞花集』,準勅撰集となった宗良 (むねなが) 親王の『新葉和歌集』などもあり,かなりの幅がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しせん‐しゅう〔‐シフ〕【私×撰集】

個人が私的に編集した和歌・漢詩・連歌・俳諧などの集。特に、私撰和歌集をいう。⇔勅撰集

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

私撰集
しせんしゅう

勅撰でない撰集(多くの作者の漢詩もしくは和歌、連歌(れんが)あるいは俳諧(はいかい)などを集めたもの)の称。近世以降の撰集はほとんどすべて私撰であるが、とくに私撰集とよぶのは、多くは中古・中世(平安~室町時代)の私撰和歌集(当時の用語で「打聞(うちぎき)」)である。『万葉集』やそこに引かれている『古歌集』『類聚歌林(るいじゅうかりん)』など、また近世以降の各一門・結社などの集も重要であるが、和歌史的に注意されるのは、一方に勅撰集もあったこの時代に成ったからである。
 それらのなかには散逸したものも多く、規模も種々であるが、形態的には(1)『新葉集』などのように勅撰集に近い(四季恋雑に部類する)もの、(2)『古今和歌六帖(ろくじょう)』のような類題集、(3)『新撰和歌』『人家集(じんかしゅう)』その他のようにそれぞれ特殊な形のもの、と分けることもできる。一方成立事情によって分類すれば、(1)勅撰集となるはずのところ下命者の死で勅撰集とならなかったもの(『新撰和歌』『続詞花集(しょくしかしゅう)』など)、(2)なんらかの点で勅撰集に異をたて、あるいは対抗したもの(『万代集(まんだいしゅう)』『新葉集』など)、(3)勅撰集のなくなった室町中期以後の集(『類字名所和歌集』など)、(4)特殊なものとして物語中の歌を集めた『風葉集』、とすることもでき、(2)(3)には特定の地域、寺社、氏族、党派などの集や、類題集、名所和歌集などもあって、甚だ多種である。その多くは撰定の動機や意図が和歌史の反映として興味あるうえに、他に伝わらない歌を含む点でも有用である。なお、『三十六人撰』『小倉(おぐら)百人一首』のような秀歌撰や『時代不同歌合(うたあわせ)』など一部の撰歌合(せんかあわせ)は私撰集に準じて扱うこともできる。また『新葉集』『菟玖波集(つくばしゅう)』のように成立後に勅撰に準ずるとの綸旨(りんじ)を賜ったもの(準勅撰集)もある。[福田秀一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

私撰集の関連キーワード公的個人私設私的自治私的年金内閣官房参与国際標準職業分類シャンドの分類ニグリの分類礫質土

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone