中国残留日本人孤児(読み)ちゅうごくざんりゅうにほんじんこじ

世界大百科事典 第2版「中国残留日本人孤児」の解説

ちゅうごくざんりゅうにほんじんこじ【中国残留日本人孤児】

中国残留日本人孤児の存在は1931年に始まった十五年戦争,とりわけ〈満州国建国〉というの日本の大陸侵略政策,そのなかに位置づけられた満蒙開拓計画と深く結びついている。32年8月,関東軍主導のもと帝国議会を通過した満蒙開拓計画は,初期武装移民の試験期を経て,36年広田弘毅内閣による20ヵ年100万戸の移民計画へと本格化した。全国から1000余の開拓団が主として〈ソ満国境〉方面に送り出され,45年までにおよそ31万人に達したと言われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android