コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私的諮問機関 してきしもんきかん

知恵蔵の解説

私的諮問機関

審議会とは別に内閣総理大臣や省庁大臣、局長の下に「研究会」「懇談会」といった名称の諮問機関が置かれている。審議会と違って、法令上に設置の根拠を持たないところから「私的」といわれ、その経費は官房機密費などから支弁されている。しかし、その機能は決して「私的」ではなく、場合によっては審議会以上に強い影響力を持つ。審議会への諮問事項は、ここでの調査研究や、法案原案の作成を踏まえていることが多い。

(新藤宗幸 千葉大学法経学部教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

してき‐しもんきかん〔‐シモンキクワン〕【私的諮問機関】

国の行政機関地方公共団体執行機関に設けられる会合。外部の有識者や実務経験者を招いて、行政上の課題について議論・提言を行う。大臣首長などの決裁により開催されるもので、法令に基づいて設置される審議会とは区別される。審議会と区別するため、懇談会・懇話会・考える会・検討委員会・事務局などの名称が用いられる。
[補説]法令に基づいて設置される審議会の委員は公務員であり、審議会は公的機関として答申を提出する。これに対して、私的諮問機関には法的な制約がなく、出席者が私人として意見を表明・交換する場とされる。懇談会など私的諮問機関の報告・提言は、公的な諮問機関である審議会等の答申と同じように、実質的に行政運営に影響を及ぼし得る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

してきしもんきかん【私的諮問機関】

内閣総理大臣・各省庁大臣・局長などが、非公式に設ける諮問機関。設置には、法令上の根拠は必要ない。 → 審議会

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

私的諮問機関の関連情報