コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国考古学 ちゅうごくこうこがくChinese Archaeology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国考古学
ちゅうごくこうこがく
Chinese Archaeology

中国各地を対象とする考古学。北京西南の周口店洞穴は,シナントロプス (北京原人) の発見とともに世界最古の人類の居住址として有名であるが,中国ではこのほかにも前期旧石器時代藍田原人や,山西省の汾河遺跡が知られている。その後,農耕文化の発生により華北を中心に仰韶文化竜山文化をみ,王朝の誕生で,周の時代を迎える。さらに,秦の統一,漢,南北朝,隋,唐,五代十国の時代にいたるまで,広大な国土からおびただしい数量の遺跡・遺物が出土している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

中国考古学の関連キーワードヴィクトル スガラン李済(りせい)アンダーソンアジア考古学高杯∥高坏松崎 寿和蘇秉【き】駒井 和愛平子 鐸嶺水野清一中山王墓黄河文明買地券青龍寺貝包丁黒陶夏鼐李済紅陶灰陶

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android