コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藍田原人 らんでんげんじんLan-tian-yuan-ren

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藍田原人
らんでんげんじん
Lan-tian-yuan-ren

中国陝西省藍田県の陳家窩および公王嶺付近で骨が発見された原人。学名をホモ・エレクトゥス・ランティアネンシス Homo erectus lantianensisという。初め 1963年7月に陳家窩付近の紅色土中から下顎骨が発見され,次いで 64年には公王嶺で頭蓋骨が発見された。北京原人より脳容量が小さく,頭蓋冠はジャワ原人よりも厚いので,一般に北京原人よりもやや古いものと考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らんでん‐げんじん【藍田原人】

1963~64年に中国の藍田で発見された化石人類。50~60万年前の人類とみられ、北京原人より原始的。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

藍田原人【らんでんげんじん】

中国,陝西省藍田(西安の南東50km)で発見された化石人骨。1963年―1964年張玉萍ら中国古脊椎動物・古人類研究所員が下顎骨頭骨等を発掘。北京原人(シナントロプス・ペキネンシス)より古く,第四紀更新世中期の初めかそれ以前の人骨と推定。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らんでんげんじん【藍田原人 Lantian man】

中国,陝西省藍田県で発見された化石人類。初め1963年に同県陳家窩で下顎骨が発見され,64年に少し離れた公王嶺で頭蓋冠と顔面骨の各破片と歯が発見された。どちらも灞河の段丘上の遺跡で,チョッピングトゥールを主体とする石器群と獣骨化石を伴った。時代は周口店遺跡よりやや古く,約70万年前前後と推定されている。頭蓋冠の骨は著しく厚く,眼窩上隆起が強く発達し,前頭部ははなはだ低く,眼窩の後の狭窄が著しく,頭蓋腔容積は約780ccにすぎない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

らんでんげんじん【藍田原人】

1963年、64年に藍田で発見された化石人類。北京原人より原始的な原人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藍田原人
らんでんげんじん
Lantien man

中国の化石人類。1963~64年に陝西(せんせい/シャンシー)省藍田県で下顎(かがく)骨および頭骨破片が発見された。発掘は中国科学院によって行われ、チョッピング・ツール(敲打器(こうだき))などが伴出した。時代は50万~60万年前とみられ、周口店遺跡の北京(ペキン)原人より古い。
 眼窩(がんか)上隆起が著しく発達し、眉間(みけん)で左右の隆起が連続している。眼窩の後方で頭骨は大きく狭まる。低頭で脳容積は780ミリリットルと推定され小さい。左右の下顎第三大臼歯(きゅうし)が先天的に欠如しているが、この時代のものとしてはきわめて珍しい。原人段階に属するが、北京原人より古いタイプである。[香原志勢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

藍田原人の関連キーワードシナントロプス・ペキネンシスウェイ(渭)河平原ホモエレクトゥス中国考古学原人類呉汝康

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android