コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国青年党 ちゅうごくせいねんとうZhōng guó qīng nián dǎng

1件 の用語解説(中国青年党の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうごくせいねんとう【中国青年党 Zhōng guó qīng nián dǎng】

中国の国家主義政党。五・四愛国運動のうちの曾琦(1892‐1951),左舜生(1893‐1969)ら国家主義者が1923年12月にパリで創立。〈内に国賊を除き,外は強権に抗す〉を宗旨とし,国家至上の説をとなえて日本の侵略には反対した。機関誌は上海刊行の《醒獅》(1924‐?)。国民党一党独裁に反対し,また共産党の階級主義に反対して第三の道をめざしたが,最後は国民党に協力した。現在も香港に組織がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone