コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央アルプス ちゅうおうアルプス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中央アルプス
ちゅうおうアルプス

木曾山脈別称。イギリスの登山家,W.ウェストンによって命名され,1890年代末から通称となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

中央アルプス【ちゅうおうアルプス】

木曾山脈

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうおうアルプス【中央アルプス】

木曽山脈の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中央アルプス
ちゅうおうあるぷす

長野県南西部から岐阜・愛知県境へ延びる木曽(きそ)山脈の別称。北アルプス、南アルプスとともに日本アルプスを構成する。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中央アルプスの言及

【木曾山脈】より

…飛驒山脈(北アルプス)と赤石山脈(南アルプス)の中間的位置にあることから,中央アルプスとも呼ばれる。西方の木曾谷と東方の伊那谷(伊那盆地)にはさまれた地塁山脈(両側を断層崖で限られた断層山脈)で,塩尻市付近から北北東~南南西の方向に恵那山(2190m)付近まで約90kmにわたって連なっている。…

【日本アルプス】より

…中部地方にある三つの急峻な山脈,北アルプス(飛驒山脈),中央アルプス(木曾山脈),南アルプス(赤石山脈)を合わせた名称。アルプスの呼称はヨーロッパ・アルプスにちなむもので,イギリスの鉱山技師ゴーランドWilliam Gowlandが《日本案内》(1881)に用いたのが始まりであるが,この呼称を有名にしたのは宣教師で登山家であったW.ウェストンと,明治の登山家小島烏水(うすい)の功績に帰する。…

※「中央アルプス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

中央アルプスの関連キーワードオークモス・レジン木曽山脈・木曾山脈長野県駒ヶ根市恵那山トンネル長野県伊那市美濃三河高原ライチョウ平賀 文男南アルプス赤羽長重筑摩山地田立ノ滝伊那盆地南駒ヶ岳大桑村松川町木曾谷駒ヶ岳信濃錦宮田村

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中央アルプスの関連情報