木曽山脈(読み)キソサンミャク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長野県南西部から岐阜・愛知県境にかけて伸びる山脈。日本アルプスの一山脈をなす。木曽谷と伊那盆地(いなぼんち)を境し、東を天竜川、西を木曽川の二大河川に挟まれ、両側が断層崖(がい)をなす地塁山脈である。山脈は大部分花崗(かこう)岩からなり、東方の赤石(あかいし)山脈(南アルプス)と、北西の飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)の中央にあるため中央アルプスとよばれ、主峰は駒ヶ岳(こまがたけ)(木曽駒ヶ岳)の2956メートルを最高に、2500メートル以上の高峰が25座もある。山脈は南北約70キロメートル、東西約20キロメートルで、北半分が高く、空木(うつぎ)岳(2864メートル)、南駒ヶ岳(2841メートル)などがあり、南へしだいに低下し、南端の恵那(えな)山は2191メートル。この山脈は何回かの断続的な隆起により形成され、山腹はきわめて急斜面である。山体の幅が北アルプスや南アルプスに比べて狭いので、山麓(さんろく)からのアプローチが比較的容易で、JR飯田(いいだ)線の駒ヶ根駅から北御所登山口を経て主峰の駒ヶ岳山頂でも1日で登頂できる。さらに現在山頂近くの千畳敷山荘までロープウェーができているので、終点から2時間で到達できる。2500メートルより上の高所にはダケカンバやハイマツ、さらに高所にはツガザクラ、コイワカガミ、ハクサンフウロ、クロユリなどがあり、駒ヶ岳から宝剣(ほうけん)岳山頂付近には氷食地形のカール(圏谷(けんこく))が存在する。山腹が急斜面のため、東西に流下する大小の河川は山麓に扇状地を形成し、東側の伊那盆地にはとくに田切(たぎり)地形が発達している。伊那と木曽を結ぶ横断道は、近世、北部から権兵衛(ごんべえ)峠、大平(おおだいら)峠、清内路(せいないじ)峠があったが、現在車道になっているのは権兵衛峠(1984年開通)と大平峠で、清内路峠は清内路トンネル竣工にともない廃道となった。また、中央自動車道は恵那山直下を長大なトンネルで連絡している。[小林寛義]
『塩沢一郎著『中央アルプス』(1969・山と渓谷社) ▽柳沢一男・小池明義著『中央アルプス』(1969・実業之日本社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android