コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木曾山脈 きそさんみゃく

3件 の用語解説(木曾山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木曾山脈
きそさんみゃく

中央アルプスとも呼ばれる。長野県南部,木曾谷と伊那盆地にはさまれた山脈。南北約 100km,東西約 20km。山体は花崗岩,砂岩,石灰岩などから成り,主峰駒ヶ岳をはじめ標高 2500m以上の高峰が 20以上ある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

木曾山脈【きそさんみゃく】

長野県南部,木曾谷と伊那盆地にはさまれた東西約20km,南北約80kmの地塁山脈。中央アルプスともいい,最高峰駒ヶ岳空木岳(うつぎだけ),恵那山などの高峰がある。
→関連項目飯島[町]長野[県]松川[町]八百津[町]矢作川

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きそさんみゃく【木曾山脈】

飛驒山脈(北アルプス)と赤石山脈(南アルプス)の中間的位置にあることから,中央アルプスとも呼ばれる。西方の木曾谷と東方の伊那谷(伊那盆地)にはさまれた地塁山脈(両側を断層崖で限られた断層山脈)で,塩尻市付近から北北東~南南西の方向に恵那山(2190m)付近まで約90kmにわたって連なっている。山頂面と木曾・伊那両谷の谷床面との比高は,最高2000m余に達しているが,山脈の幅は広いところでも20km以下である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木曾山脈の関連キーワード赤石岳中央アルプス日本アルプス南アルプス南アルプス国立公園飛騨山脈・飛驒山脈アルプス[山脈]芦安〈村〉アルプス・ヒマラヤ地帯飛驒山脈

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone