岐阜(読み)ギフ

大辞林 第三版の解説

ぎふ【岐阜】

中部地方西部の内陸県。かつての飛驒・美濃の二国を占める。北部は飛驒山脈・飛驒高地・両白山地、南東部は美濃三河高原、南西部は濃尾平野となる。県庁所在地、岐阜市。
岐阜県南部の市。県庁所在地。和傘・提灯・うちわなどを特産。また、繊維工業が盛ん。市街北東の金華山は斎藤道三・織田信長が居城とした地。長良川の鵜飼いで名高い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎふ【岐阜】

[1]
[一] 岐阜県南西部、濃尾平野の北部にある地名。県庁所在地。戦国時代、斎藤道三金華山に居城をかまえ、城下町を経営したのに始まる。江戸時代から美濃紙、生糸、美濃米の大集散地として繁栄。現在は繊維工業を中心とする商工業都市。長良川の鵜飼は有名。明治二二年(一八八九)市制。
[二] 「ぎふけん(岐阜県)」の略。
[2] 〘名〙
※雑俳・柳多留‐一四〇(1835)「湯屋の羽目岐阜と桑名の国堺」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岐阜の関連情報