コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央即応連隊

2件 の用語解説(中央即応連隊の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中央即応連隊

首都圏でのテロや災害への対応、海外派遣での先遣隊の役目を果たすため、08年3月に宇都宮駐屯地に新設された。防衛相直属の「中央即応集団」(司令部・朝霞駐屯地)の中核部隊で、軽装甲機動車など100両が配備された。隊員約700人、平均年齢は31歳。略称はCRR。

(2009-05-29 朝日新聞 朝刊 栃木全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中央即応連隊
ちゅうおうそくおうれんたい
Central Readiness Force Regiment

国連平和維持活動に対する協力や国際緊急援助活動を任務とする自衛隊の中央即応集団の主幹部隊。略称CRR。2008年(平成20)3月に編成された。所在地は栃木県の宇都宮駐屯地である。国内で大規模災害やテロ・ゲリラといった不測事態が発生すると、方面隊の増援部隊として各方面隊の行動を支援し、また国際平和協力活動として派遣される部隊の先遣部隊として主力部隊到着までの間、活動基盤を準備する緊急展開部隊である。
 隊員は約700名で、連隊本部および本部管理中隊と3個普通科連隊で構成されている。装備として、軽装甲機動車、96式装輪装甲車、防弾仕様の高機動車、73式小型・中型・大型トラック、中型ドーザー、トラッククレーンなど約100両の車両を保有している。その他、国連平和協力活動用天幕など海外活動用の各種装備品も保有している。
 2009年5月にはソマリア沖海賊対処に派遣された海上自衛隊のP-3C対潜哨戒機(しょうかいき)の部隊警護のため警護要員50名が東アフリカのジブチに派遣された。2010年2月にはハイチ大地震救援のための国際平和協力活動「ハイチ派遣国際救援隊」の先遣隊として200名が派遣された。2011年3月には東日本大震災に際し原子力災害派遣を行っている。2012年2月には「国連南スーダン国際平和協力隊」の第一次隊として約100名が派遣された。
 なお、2013年12月に閣議決定された「防衛計画の大綱」によって陸上自衛隊に統一司令部「陸上総隊」が新編されることになり、中央即応集団は組織としての活動を終え、中央即応連隊は「陸上総隊」の隷下に入ることになった。[村井友秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中央即応連隊の関連キーワード災害派遣首都圏国際緊急援助隊UNDROCX中央即応集団恒久法(一般法)自衛隊海外派遣のための一般法(恒久法)首都圏の気象災害首都直下地震

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中央即応連隊の関連情報