コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央気象台 チュウオウキショウダイ

デジタル大辞泉の解説

ちゅうおう‐きしょうだい〔チユウアウキシヤウダイ〕【中央気象台】

気象庁前身明治8年(1875)創立の東京気象台を明治20年(1887)に中央気象台に改組改称。昭和31年(1956)気象庁に昇格。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうおうきしょうだい【中央気象台】

気象庁の前身。1875年(明治8)東京気象台として発足。87年中央気象台と改称。1956年(昭和31)気象庁となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中央気象台の関連キーワードカール・アーガスト・フォン シュミットJ.M. マウラーオッフェンバッハドルゴプルドヌイ荒井 郁之助清野 善兵衛大石 和三郎大後 美保気象研究所気象大学校藤原 咲平正野 重方国富 信一滑川 忠夫中村 精男荻原 晰二航空記念日岡田 武松村上多喜雄エクスナー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中央気象台の関連情報