中山厳水(読み)なかやま いずみ

美術人名辞典の解説

中山厳水

国学者。土佐高知生。土佐藩士。通称十平、名は秀金。谷真潮。本居宣長門人。著書に『参考土佐軍記』『土佐国編年紀事略』がある。天保3年(1832)歿、69才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山厳水 なかやま-げんすい

なかやま-いずみ

中山厳水 なかやま-いずみ

1764-1832 江戸時代後期の歴史家。
明和元年生まれ。土佐高知藩士。高知で谷真潮(ましお)に,のち江戸で山口剛斎らにまなぶ。納戸(なんど)役,集録役をつとめ「土佐国編年紀事略」「参考土佐軍記」をかいた。天保(てんぽう)3年9月28日死去。69歳。本姓宮川。名は秀金。通称は十平。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android