コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷真潮 たに ましお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷真潮 たに-ましお

1727/29-1797 江戸時代中期-後期の国学者,儒者。
享保(きょうほう)12/14年生まれ。谷垣守(かきもり)の長男。土佐高知藩士。祖父谷秦山(じんざん)にはじまる家学をうけ,賀茂真淵(かもの-まぶち)に国学と和歌をまなぶ。藩校教授館(こうじゅかん)教授。天明藩政改革では大目付となり,緊縮財政などを断行した。寛政9年10月17/18日死去。69/71歳。幼名は挙準。通称は丹内。号は北渓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

谷真潮

没年:寛政9.10.18(1797.12.5)
生年:享保14(1729)
江戸中期の国学者。土佐(高知)藩士谷秦山の孫,谷垣守の長男。幼名挙準,字丹内,小字虎寿,号北渓。真潮は名。10代の終わりに稲垣長諷に歌の添削を受けた。20歳のとき上京,帰国後父の紹介で賀茂真淵に入門し,歌の添削を受けた。祖父の代より家学となっている神道においてはそれに満足せず,独自の学説を立て,父は「我家悪魔を生ず」といったという。宝暦10(1760)年藩校教授館教授。のち浦奉行となり,天明の藩改革に際しては藩主山内豊雍に抜擢され,郡奉行,普請奉行を経て大目付の重職に付き,改革政治を断行,寛政3(1791)年に辞職した。

(飯倉洋一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たにましお【谷真潮】

1727‐97(享保12‐寛政9)
江戸後期の国学者,儒学者。通称は虎蔵,字は丹内。北渓と号した。祖父重遠(しげとお),父垣守(かきもり)と3代続いた土佐藩儒として名高い。家学を承けて儒学,神道を修めたが,のち神道は賀茂真淵の影響を受け,家学の殻を破るにいたる。また孫子を好んで軍学もよくした。藩主の知遇を得,浦奉行,大目付の要職を歴任して藩政に参与し,辞職後は藩学の興隆に尽力,その影響下に尊王の士を輩出せしめた。著書《神道本論》《論仏》《御国の学》《北渓集》等。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷真潮
たにましお

[生]享保12(1727).土佐
[没]寛政9(1797).10.18.
江戸時代中期~後期の国学者。通称は円内,号は北渓。秦山の孫。初め家学を継いで土佐藩の教授役となったが,江戸に出て賀茂真淵に国学を学んだ。大目付にまで進み,藩政改革に努める一方,国学を奨励した。著書『北渓撰集』 (1820) ,『北渓先生わ歌』 (26) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

谷真潮 (たにましお)

生年月日:1729年?1月3日
江戸時代中期の国学者
1797年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

谷真潮の関連キーワード宮地水渓安並雅景楠瀬大枝内藤中心生年月日植田桂南岡本真古高橋正元中山厳水楠瀬清蔭今村虎成宮地仲枝谷北渓没年儒者

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android