コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山大障害 なかやまだいしょうがい

2件 の用語解説(中山大障害の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中山大障害
なかやまだいしょうがい

中央競馬最大の障害競走。毎年春と秋に中山競馬場で行なわれる。1934年,人気の高い東京優駿日本ダービー)に対抗する中山競馬場の看板レースとして創設された。1948年秋から現在の名称となり,1999年のグレード制(→重賞競走)導入に伴って春の名称が「中山グランドジャンプ」に変更された。出走馬は春が 4歳以上,秋が 3歳以上。距離は春が 4250m,秋が 4100m。負担重量は春が 4歳 62kg,5歳以上 63.5kg,秋が 3歳 61kg,4歳以上 63kg,牝馬は各 2kg減。距離,負担重量,障害の難易度などは創設以降これまで数度にわたって改正された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中山大障害の関連情報