東京優駿(読み)とうきょうゆうしゅん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「東京優駿」の解説

東京優駿
とうきょうゆうしゅん

中央競馬のいわゆるクラシック競走の一つ。毎年 5月下旬に東京競馬場で行なわれる。出走馬は 3歳のサラブレッド系牡馬と牝馬で,距離 2400m,負担重量牡馬 57kg,牝馬 55kg。イギリスのエプソム・ユーエルエプソム競馬場で行なわれるダービーをとり,1932年に目黒競馬場で距離 2400mの東京優駿大競走として創設された。1934年より東京競馬場に移り,1938年東京優駿,1948年優駿,1950年東京優駿競走に名称変更とともに「日本ダービー」の副称が付され,1964年東京優駿(日本ダービー)となった。1945,1946年は中止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の東京優駿の言及

【競馬】より

…特別競走は欧米におけるステークスレースの流れをくみ,出走馬の馬主から特別登録料を徴収し,それを賞金の一部にあてるもので,このうちとくに賞金の高いものを重賞競走といい,年間約100レースが行われている。さらにその中でもとくに有名なレースとして4歳馬の五大クラシックレース(桜花賞,皐月賞,優駿牝馬=オークス,東京優駿=ダービー,菊花賞)があり,これに春秋2回の5歳馬以上(古馬)による天皇賞,4歳馬以上の有馬記念を加え,八大競走と呼んでいる。五大クラシックレースはいずれもイギリスのクラシックレースに範をとったもので,オークス,ダービーのほか,桜花賞は1000ギニー,皐月賞は2000ギニー,菊花賞はセントレジャーによる(表1)。…

【ダービー】より

…明け4歳馬(満3歳)のナンバーワンを競うこのレースの優勝はイギリス競馬界最高の栄誉とされ,第1,第2次世界大戦中は場所をニューマーケット競馬場に移したが,創設以来一度も欠かさず,例年5月最終週,または6月第1週の水曜日(この日をダービー・デーDerby dayという)に開催されている。このレースを範として世界各国の競馬でも〈ダービー〉の名で,4歳馬最大のレースが行われるようになり,日本でも1932年に東京優駿(ゆうしゆん)大競走(現在の東京優駿競走,いわゆる日本ダービー)が創設された。距離はイギリスと同様2400mで,5月の最終日曜日に開催。…

※「東京優駿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android