コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重賞競走 じゅうしょうきょうそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重賞競走
じゅうしょうきょうそう

中央競馬で施行されている競走のうち,馬主が支出する特別の出走料 (正しくは特別登録料) が付加賞として当該競走の賞金の一部にあてられるものを特別競走 (ステークス競走) ,それ以外を一般競走と呼ぶ。そして特別競走のなかから,たとえば3歳馬のクラシック競走天皇賞有馬記念朝日杯フューチュリティステークスなど特に賞金が高額で能力の高い一流馬の出走する競走を重賞競走と称している。現在では,毎年約 3000競走のうちから 100競走程度の重賞競走が編成されている。 1983年からは個々のレースの重要性に応じてグレード制が採用され,最重要の GIレース (皐月賞ダービー菊花賞桜花賞,天皇賞,宝塚記念など) は 23レース,GIIレースは 36レース,GIIIレースは 69レースとなっている。なお地方競馬には特別競走の制度は認められていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

重賞競走の関連キーワードブリーダーズカップクラシックレースサイレンススズカコスモバルク大川 慶次郎統一グレードハクチカラ重賞レース中山大障害キズナ帝王賞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android