コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重賞競走 じゅうしょうきょうそう

1件 の用語解説(重賞競走の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重賞競走
じゅうしょうきょうそう

中央競馬で施行されている競走のうち,馬主が支出する特別の出走料 (正しくは特別登録料) が付加賞として当該競走の賞金の一部にあてられるものを特別競走 (ステークス競走) ,それ以外を一般競走と呼ぶ。そして特別競走のなかから,たとえば3歳馬のクラシック競走や天皇賞,有馬記念,朝日杯フューチュリティステークスなど特に賞金が高額で能力の高い一流馬の出走する競走を重賞競走と称している。現在では,毎年約 3000競走のうちから 100競走程度の重賞競走が編成されている。 1983年からは個々のレースの重要性に応じてグレード制が採用され,最重要の GIレース (皐月賞,ダービー菊花賞,桜花賞,天皇賞,宝塚記念など) は 23レース,GIIレースは 36レース,GIIIレースは 69レースとなっている。なお地方競馬には特別競走の制度は認められていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

重賞競走の関連情報