コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障害競走 しょうがいきょうそうsteeplechase

翻訳|steeplechase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

障害競走
しょうがいきょうそう
steeplechase

走路上に設けられた障害物を跳び越して競走する競馬の一種目。障害や水濠の高さ,幅,深さなど一様でなく,また基準も設けられていない。世界最大の障害競走といわれ,イギリスリバプールにあるエントリー競馬場で行なわれるグランド・ナショナルは,距離約 7200m,障害数 30以上で,毎年完走馬が全出走馬の半数にも満たない過酷なレースとして知られる。日本では中山大障害中山グランドジャンプが特に有名。他の競走に比べてあまり人気がない日本と違って,外国ではアマチュア騎手の活躍もあり,平地競走に劣らない人気を集めている。またこの競走が一般に競馬と馬術競技接点の役割を果たすとする主張もある。出走馬の品種はサラブレッドが大多数を占めるが,ほかにハンター種,アングロ=ノルマン種などの出走を認めている国もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうがい‐きょうそう〔シヤウガイキヤウソウ〕【障害競走】

馬術競技・競馬で、走路途中に土塁・柵(さく)などの障害物を設けて行う競走。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうがいきょうそう【障害競走】

馬術競技・競馬で、石垣・煉瓦塀れんがべい・横木・池などの障害を設置した競技馬場で行う競走。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

障害競走の関連キーワードブカラム・オルティススティープルチェイスグランドナショナルグランドマーチス競馬(けいば)チェルトナムハードル競走繋駕速歩競走小倉競馬場アングロハードル低障害競走馬横木SC落馬

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

障害競走の関連情報