コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山律子 なかやま りつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山律子 なかやま-りつこ

1942- 昭和後期-平成時代のプロボウラー。
昭和17年10月12日生まれ。44年女子プロボウラー1期生として須田開代子(かよこ)らとともにデビュー。45年女子プロ初の公認完全試合(300点満点)を達成。公式戦優勝33回。「サワヤカ律子さん」のCMで知られ,ボウリングブームを生んだ。54年現役に復帰。平成16年女性としてはじめて日本プロボウリング協会会長となる。群馬県出身。鹿児島女子高卒。本名は小田律子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

中山 律子


芸名
中山 律子

性別
女性

出身地
鹿児島県

職種
スポーツ

プロフィール
1961年鹿児島市立鹿児島女子高等学校を卒業。旭精機(愛知県)に入社し、バレーボール選手として活躍。1965年のボウリング初体験をきっかけとし、上京、1968年に東京タワーボウリングセンターに入社。1969年、女子1期プロテストに合格、ライセンスNo.2でプロ入り。翌年、女子プロ初のパーフェクト達成。日本プロスポーツ大賞・殊勲賞受賞。以後、テレビCM『さわやかリツコさん』が反響を呼び、人気を博す。1980年、女子プロ誕生記念を初めとして、通算33勝達成。1998年にジャパンレディースボウリングクラブ(JLBC)会長に就任。2004年には社団法人日本プロボウリング協会会長に就任。

代表作品
日本テレビ『徳光&所の世界記録工場』 / 日本テレビ『おもいッきりDON!』 / TBS 『ザ・人類の極限ショー』

出典|株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて | 情報

中山律子の関連キーワードパーフェクトの日須田 開代子八田星弥

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中山律子の関連情報