コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山紀念堂 ちゅうざんきねんどう

1件 の用語解説(中山紀念堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ちゅうざんきねんどう【中山紀念堂】

中国の広東省の省都、広州の東風中路北にある、市民や華僑の寄付で建造された孫文の紀念堂。清代に督練公所として建てられたが、辛亥革命後に孫中山によって督軍署として使用され、1921年、彼が中華民国非常大総統に就任すると総統府として使われた。有名な建築家、師呂彦の設計で1929年に定礎され、1931年に竣工(しゅんこう)した。高さ58mの鉄筋コンクリート造で、建物面積は1万2000m2である。八角亭の屋根は青い瑠璃瓦で覆われていて、壁は黄色、柱は赤色で、中はホールになっており、上下2段合わせて4729の座席が設けてある。1956年には、紀念堂の前に孫中山の銅像が立てられた。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中山紀念堂の関連キーワード広東料理奉天広東省都汕頭長沙福建広東省哈爾賓広東[省]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中山紀念堂の関連情報