中島 永元(読み)ナカジマ ナガモト

20世紀日本人名事典の解説

中島 永元
ナカジマ ナガモト

明治・大正期の官僚 第三高等中学校校長;元老院議官。



生年
天保15年7月16日(1844年)

没年
大正11(1922)年11月10日

出身地
肥前国佐賀(佐賀県)

学歴〔年〕
大学南校

経歴
佐賀藩士に生まれる。藩黌・弘道館で文武を修め、ついで蘭学寮に学ぶ。慶応元年(1865年)副島種臣・大隈重信らと共に長崎に遊学、済美館に入って蘭学を研究し、傍ら米国宣教師フルベッキ博士について英語を修めた。のち藩が長崎に造った洋学校・致遠館の教官に抜擢される。明治維新後は大学南校に学び、間もなく大学中助教兼中寮長を経て、大寮長に進む。明治3年大学権少丞となり、ついで大阪洋学校校長に転じる。4年文部省に転じ文部権少丞となり、同年の岩倉遣外使節団に随行、欧米各国の教育事情を視察して帰国。以来専ら文部省内にあり、文部大書記官、大学分校長、第三高等中学校校長、文部省参事官などを務め教育制度の確立に尽くす。また女子師範学校設立御用掛なども務めた。21年元老院議官となり、錦鶏間祗候を授かる。24年から貴院議員(勅選)を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android