コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島俊子 ナカジマトシコ

百科事典マイペディアの解説

中島俊子【なかじまとしこ】

岸田俊子

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島俊子 なかじま-としこ

1864*-1901 明治時代の民権運動家。
文久3年12月5日生まれ。男女同権をとなえ,明治16年滋賀県での「函入娘」の演説が言論不穏当として投獄される。18年自由党副総理中島信行と結婚。20年フェリス-セミナリー(現フェリス女学院大)の学監となる。「女学雑誌」を中心に論文を発表した。明治34年5月25日死去。39歳。京都出身。旧姓は岸田。号は湘烟(煙)(しょうえん)。著作に「湘烟日記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中島俊子
なかじまとしこ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中島俊子の関連キーワード中島 信行福田 英子富井於菟明治時代太刀フシ中島

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android