コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸田俊子 きしだとしこ

8件 の用語解説(岸田俊子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岸田俊子
きしだとしこ

[生]文久3(1863).12.5. 京都
[没]1901.5.25. 神奈川,大磯
民権運動家,小説家。本名俊,のち俊子に改名。中島湘烟(しょうえん)の名でも知られる。京都の呉服商小松屋の長女として生まれた。17歳で宮中に出仕し文事御用掛を務め,皇后に進講したが 1881年に退官。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きしだ‐としこ【岸田俊子】

[1863~1901]婦人運動家。京都の生まれ。号は湘烟(しょうえん)。明治初期、自由民権男女同権を説いた。自由党副総理中島信行と結婚し、外交界にも活躍。著「善悪の岐(ちまた)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岸田俊子【きしだとしこ】

婦人運動の先駆者。号は湘烟(しょうえん)。京都の生れ。1882年以後自由民権運動に参加,自由民権とともに男女同権を主張,景山(福田)英子らに影響を与える。1884年自由党副総理中島信行と結婚。(1863-1901)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸田俊子 きしだ-としこ

中島俊子(なかじま-としこ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岸田俊子

没年:明治34.5.25(1901)
生年:万延1.12.4(1861.1.14)
自由民権運動家,女権論者。湘煙と号した。京都の古着商岸田茂兵衛とタカの子。18歳で宮中文事御用掛に出仕。その後自由民権運動に参加。明治15(1882)年初めての演説を行う。各地で民権と女権を一体のものとしてとらえた演説を行い,多くの女性が民権運動に参加する契機をつくった。16年「函入娘」の演説で拘引,留置され罰金刑を受ける。18年自由党副総理中島信行と結婚。のち『女学雑誌』を言論活動の主な場とする。20年フェリス英和女学校教授。25年イタリア公使として赴任する夫に同行。夫婦共に肺結核にかかり翌年帰国,闘病生活を送った。その足跡は『湘煙日記』にたどることができる。<著作>鈴木裕子他編『湘煙選集』全4巻<参考文献>西川裕子『花の妹―岸田俊子伝』

(三鬼浩子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きしだとしこ【岸田俊子】

1863‐1901(文久3‐明治34)
明治時代の女性民権運動の先駆者。京都の呉服商に生まれ,17歳のとき文事御用掛として宮中に出たが2年で退く。立志社の坂崎紫瀾らと交友して自由民権運動に近づき,1882年大阪,岡山などで男女同権を演説する。岡山遊説中,聴衆のなかに景山(福田)英子がいて影響を与える。翌年大津での演説〈箱入娘〉が政治演説とみなされ集会条例違反で罰金刑をうける。84年《自由の灯》に載せた〈同胞姉妹に告ぐ〉には,男尊女卑は野蛮な欲心からでるもので,男女の関係は愛憐をもってせよと述べている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きしだとしこ【岸田俊子】

1863~1901) 女性運動の先駆者。京都生まれ。号は湘烟。自由民権運動に参加し,民権論・男女同権を説いた。中島信行と結婚。主著「同胞姉妹に告ぐ」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岸田俊子
きしだとしこ
(1863―1901)

自由民権期の女性運動家。湘烟(しょうえん)(湘煙)と号す。文久(ぶんきゅう)3年12月5日、京都の呉服商の家に生まれる。女子師範学校を病気退学ののち、1879年(明治12)宮中女官に抜擢(ばってき)され1年余り出仕し皇后に進講したが、宮廷生活に満足できず病気を理由に辞任。1881年土佐旅行を契機に自由民権運動に参加した。弁舌に優れ、全国を遊説して女権拡張を説き人気を集めた。1884年自由党副総理中島信行(のぶゆき)と結婚、中島俊子の名でも知られる。実業家・政治家の中島久万吉(くまきち)は長男。結婚後も、自由党系の新聞『自由燈(とう)』に10回にわたって「同胞姉妹に告ぐ」を連載、男女平等を訴えたのをはじめ、『女学雑誌』などに多くの評論を書いた。また新栄女学校、フェリス和英女学校などで教壇に立ち、教育にも熱心であった。夫信行が衆議院議長や貴族院議員、イタリア大使と栄進したため、俊子も上流婦人の道を歩んだとされるが、生涯真実を追求し、女性の自立を求め続けた点は注目される。夫の死から2年後の1901年(明治34)5月12日、38歳で病没した。遺稿集『湘烟日記』(1903)がある。[米田佐代子]
『大木基子・西川祐子編『湘煙日記』(1985・不二出版) ▽鈴木裕子編『岸田俊子評論集』(1985・不二出版) ▽西川祐子著『花の妹――岸田俊子伝』(1986・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岸田俊子の言及

【中島信行】より

…81年自由党の結成にあたって副総理となり,ついで大阪の立憲政党の総理に推された。女性自由民権家で女権拡張論者の岸田俊子と結婚。第1回総選挙に当選して初代議長となった。…

※「岸田俊子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岸田俊子の関連キーワード自由民権運動自由民権論民権運動自由民権思想飯塚納上野富左右久野初太郎武市安哉野手一郎若生精一郎

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone